ジェイアイシーは知的障がい者と自閉症者のための生活サポート総合補償制度を取り扱っております。

知的障がい者施設専用施設総合賠償責任保険

引受保険会社:AIU損害保険株式会社

保険の概要

保険契約者 : 社会福祉法人
被 保 険 者 : 社会福祉法人
保 険 期 間 : 1年間

保険金のお支払例

施設が主催する旅行中、施設職員の誘導ミスにより利用者が転倒し重傷を負ってしまったため、施設側はケガをした利用者の保護者(法定相続人) を呼んだ。その結果、手術代・入院費用のほかに、保護者の交通費・宿泊費・見舞品の購入費などの費用が発生した。

この保険の特徴

施設運営に関する対人・対物リスクを包括的に補償!
施設の仕事の遂行、施設で製造・販売した製品に起因する事故による損害まで包括的に補償。
ショートステイ利用者に対する損害も対象。
利用者のプライバシーの侵害、精神的な苦痛への補償などに対応。
施設の仕事に関して行われた不法行為に起因して施設利用者や第三者の人格権を侵害した場合、ホームページなどで行う宣伝活動に起因して著作権侵害などを損害した場合の損害も補償。

補償プラン

※賠償額が高額化の傾向にあり、Aプランをおすすめします!
補償の内容 [Aプラン]保険金額
(支払限度額)
[Bプラン]保険金額
(支払限度額)
損害賠償金 施設・仕事のリスク
生産物・仕事の結果リスク
(食中毒の事故も対象になります。)
対人
1名
1事故・保険期間中
1名
1事故・保険期間中
対物
1事故・保険期間中
1事故・保険期間中
人格権侵害・
宣伝障害のリスク
1事故・保険期間中
1事故・保険期間中
費用保険金[注1] ①緊急対応費用
保険期間中
 
保険期間中
 
②被害者見舞・臨時費用
1被害者
保険期間中
 
1被害者
保険期間中
 
③争訟費用
[注2]
[注2]
④損害拡大防止軽減費用
⑤求償権保全費用
⑥協力費用
自己負担額(1事故免責金額)

[注1]費用の支出にあたっては、事前にAIU保険会社の承諾が必要となります。(④~⑥を除きます。)
[注2]①~⑥の費用保険金は、損害賠償金とあわせて、施設・仕事のリスク、
生産物・仕事の結果のリスク共通で設定する保険金額を限度にお支払いします。


保険金をお支払いする主な場合

施設・仕事のリスク
 

施設の仕事の遂行または施設の所有、使用もしくは管理に起因する他人への対人・対物事故により、貴施設が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。

  [事故例]
施設の職員が誘導中に誤って利用者を転倒させ、骨折させてしまった。
  施設を訪ねた保護者が、施設内で放置されていた凹み(破損個所)につまづき、転倒、手足に傷を負ってしまった。
生産物・仕事の結果リスク
 

施設での利用者に提供した飲食物や、施設で生産した製造物に起因する他人への対人・対物事故により、貴施設が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を賠償します。

  [事故例]
施設が提供した給食により利用者が食中毒になってしまった。
  施設で生産した紙袋の仕上がりが不十分であったため鋭利な部分があり、購入者がケガをした。
人格権侵害・宣伝障害のリスク
 

施設の仕事に関して行われた不当行為に起因して施設利用者や第三者の人格権を侵害した場合や、ホームページなどで行う宣伝活動に起因して著作権などを侵害した場合などにより、貴施設が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害を補償します。

  [事故例]
利用者の顔写真を無断で掲載した会報誌が施設外に配布され、利用者の保護者から損害賠償を求められた。
  ※個人情報の漏洩に関する事故は別途「個人情報漏洩保険」で補償することになりますので、 ご加入を検討される場合は取扱代理店へお問い合せください。

保険金の種類
保険金の種類
損害賠償金
被害者に対して支払う損害賠償金をいいます。裁判所からの支払命令に基づく訴訟費用や判決日までの遅延損害金を含みます。 (損害賠償金の支払いにより代位取得するものがある場合は、その価額を排除したものをいいます。)
緊急対応費用
事故により身体の障害、財物の損壊、人格権侵害、宣伝障害が発生した場合において、事前にAIU保険会社の書面による同意を得て 支出した次の費用をいいます。保険期間中300万円が支払限度となります。
被害者の法定相続人またはその代理人が現地・連絡場所に赴くための交通費・宿泊費等
(被害者1名につき2名分を限度)
被保険者の役員・従業員またはこれらの者の代理人を現地・被害者の居住地に派遣するための交通費・宿泊費等
被害者・法定相続人またはその代理人との通信費用
被害者・法定相続人またはその代理人との応対に必要な応対施設借上費用
被害者の捜索、救助または移送に従事した者からの請求に基づく費用
被害者見舞
・臨時費用
事故による身体の障害、財物の損壊、人格権侵害、宣伝障害が発生した場合において、事前にAIU保険会社の書面による同意を得て 支出した見舞金・見舞品購入費用、その他被害者に対して支払われる社会通念上妥当な費用をいいます。1被害者10万円・保険期間中300万円が支払限度になります。 (複数の事故等が発生した場合でも、同一の被害者に対する支払いは保険期間を通じて1回に限ります。)
争訟費用
損害賠償責任に関する争訟(訴訟、仲裁、調停または和解等をいいます。)につき、被保険者が事前にAIU保険会社の 書面による同意を得て支出した争訟費用、弁護士報酬などの費用をいいます。
損額拡大防止
・軽減費用
損害の拡大防止または軽減のために被保険者が支出した費用のうち、AIU保険会社が必要または有益と認めた費用をいいます。
求償権保全費用
他人から損害賠償または求償を受けることができる場合、その権利の保全・行使のために被保険者が支出した費用のうち AIU保険会社が必要または有益と認めた費用をいいます。
協力費用
被保険者がAIU保険会社の要請に従い、損害賠償請求の解決に協力するために直接要した費用をいいます。

保険金をお支払いできない主な場合

1.すべてのリスクに適用
  保険契約者、被保険者の故意による損害
  戦争、外国の武力行使、革命、暴動等による損害
  地震、噴火、洪水、津波等の天災による損害
  核燃料物質の放射性・爆発性その他有害な特性による損害
  保険契約締結の際、保険事故の発生する原因が既に存在していることを保険契約者または被保険者が知っていた場合、その原因により発生した事故による損害
  環境汚染、汚染浄化費用の支出による損害
  他人との損害賠償に関する特別な約定・合意により加重された賠償責任
  被保険者と同居する親族に対する賠償責任
  被保険者が所有・使用・管理する財物(昇降機に積載した財物を除きます。)の損壊に対する賠償責任 など
2.施設・仕事の遂行リスクに適用
  航空機、自動車(被保険者の施設内の構内専用車を除きます。)銃器または施設外における船、車両(原動力がもっぱら人力であるものおよび身体障害者用の電動車いすを除きます。)もしくは動物の所有・使用・管理に起因する賠償責任
  昇降機の所有・使用、または管理において、被保険者が故意または重大な過失により法令に違反したことに起因する賠償責任
  被保険者の犯罪行為に起因する賠償責任 など
3.生産物・仕事の結果リスクに適用
  回収措置に要した費用
  故意または重大な過失で法令に違反して生産、販売した生産物、行った仕事の結果による賠償責任
  生産物、仕事の結果自体の損壊に対する賠償責任 など
4.人格権侵害・宣伝障害のリスクに適用
  被保険者の了解、同意、指図に基づく犯罪行為による損害
  被保険者の採用、雇用、解雇に関する不当行為による損害
  保険期間の終了または保険契約の解除後、1年以上経過した後に発見された不当行為による損害 など
5.緊急対応費用、被害者見舞・臨時費用に適用
  被保険者の闘争行為、自殺行為または犯罪行為によって生じた損害
  被保険者の心神喪失に起因して生じた損害
  被保険者または被保険者の指図による暴行・殴打に起因して生じた損害
  施設に入所・通所する者がその親族に加えた行為に起因して生じた損害
  施設に入所・通所する者の相互関の闘争行為に起因して入所・通所者に生じた損害 など

保険料

現在の在籍利用者数をご確認の上、お問い合わせ下さい。

このホームページの情報は、当該商品パンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。ご検討にあたっては、必ず当代理店より説明を受け、当該商品のパンフレットと合わせてご覧ください。
またご契約に際しては、事前に重要事項説明書(契約概要・注意喚起情報)を必ずご覧下さい。

資料請求・お問合せ先 ご連絡先
PAGETOP
HOME 会社概要(PDF) サイトマップ 連絡先・アクセス
ジェアイシーグループ
会社案内・グループ案内 保険金請求 資料請求・お問合せ 新着情報 よくあるご質問
障がい者ご本人ご家族 障がい福祉関係 知的障がい・自閉症者専用生活サポート総合補償制度 一般個人保険 一般法人保険 海外旅行保険 家庭向け火災保険
障がい福祉関係